読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miscログ

雑記ブログです。

素人が学ぶワイン:ボルドーワインの格付け ~メドック~

ワインの格付けはワインを学ぶ上で避けては通れないもの。

ここではボルドーワインの格付けのうち、最も有名なメドック地区の格付けを概観する。

まずそもそもメドック地区とはどこを指すのか。

f:id:yokohamasnob:20161010215640p:plain

上記地図のジロンド(Gironde)川の西岸、数字の1から8までの地域がメドック地区である。

このメドック地区のシャトーが、1855年のパリ万博の際にナポレオン3世の要請により1級から5級まで格付けされた。

これらがグラン・クリュ(Grand Cru)=偉大な畑と呼ばれている。

 

1855年の制定以来ほぼ変更がなく、その唯一に近い例外が、1973年にシャトー・ムートン・ロートシルトが2級から1級に昇格したことであるのは有名。

 

100年以上前に制定されながらほとんど変更されていないため、現在の実態を反映していないと言われることもあるが、それでも1級のシャトーは現在でも別格の存在であり続けている。

1級のシャトーはシャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥールシャトー・マルゴー、シャトー・ムートン・ロートシルト、シャトー・オー・ブリオンの5つであり、ボルドーの5大シャトーと呼ばれている。

 

なおメドック地区の格付けと言っているが、唯一、1級のシャトー・オー・ブリオンはメドック地区ではなくクラーヴ地区のペサック・レオニャンAOC(上記地図の33)から選ばれている。

他の約60のシャトーはすべてメドック地区に所在する。

 

ボルドーワインの格付けというと、ほぼこのメドック地区の格付けを指すと言っても良いほど良く知られているのでまずはこの格付けを押さえたい。

他にはグラーブ地区やサン・テミリオン地区の格付けが知られている。