読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miscログ

雑記ブログです。

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(CHATEAU LEOVILLE LAS CASES)の概要と銘柄

グルメ

ポーイヤック村とマルゴー村に挟まれたサン・ジュリアン・ベイシュビル村に所在する。

ちなみに同村(コミューン)の人口は約700人。

 

このシャトーはデロン家が所有しており、同家はほかにシャトー・ネナン(Nenin)及びシャトー・ポタンサック(Potensac)を経営している。

 

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズはサン・ジュリアンのシャトーの中でも非常に評価が高く、1級に迫る品質のワインを作っているとされる。

 

銘柄はグラン・ヴァンと以前のセカンドであるクロ・デュ・マルキ、そして2007年から製造を開始した現セカンドのル・プティ・リオン・デュ・マルキ・ド・ラス・カーズがある。

以前のセカンド的存在であったクロ・デュ・マルキはグラン・ヴァンと離れた区画のブドウから生産されているが、ル・プティ・リオンはグラン・ヴァンと同じ区画のブドウから生産されるため、こちらが正式なセカンドとなる。

なお、クロ・デュ・マルキのセカンドとして「ラ・プティット・マルキーズ」が発売されるという情報もあるが、今のところHPにも掲載はなく、まだ販売もされていないようである。

 

レオヴィルは地名であるが、元は領主が所有していた畑がフランス革命により分割され、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ、シャトー・レオヴィル・ポワフィレ、シャトー・レオヴィル・バルトンのいわゆるレオヴィル3兄弟になった経緯がある。

いずれもメドック格付け2級のシャトーである。

その中でもシャトー・レオヴィル・ラス・カーズは長男として最も高い評価を受けている。