Miscログ

雑記ブログです。

一つで2個分?のポールスミスのネクタイピン

ビッグバンセオリー シーズン1エピソード4の解説(その4)

Mrs Cooper: Okay. Alright everybody, it’s time to eat. (Everybody begins to do so) Oh Lord, we thank you for this meal, all your bounty, and we pray that you help Sheldon get back on his rocker. (To Raj and Howard) Now after a moment of silent meditation I’m going to end with “In Jesus’ Name” but you two don’t feel any obligation to join in. Unless, of course, the holy spirit moves you. 

we pray that you help Sheldon get back on his rocker.の部分ですが、off one's rockerで「正気を失う」という意味があります。rockerは口語でロック歌手などの意味もありますが、ロッキングチェアー(揺り椅子)の下部についている揺り子のことも指し、これが外れて調子がおかしくなるということでこのようなイディオムになったようです。

このイディオムをもとに、on his rockerで「正気に戻る」という意味を持たせています。

またラジとハワードにお祈りへの参加を遠まわしに?呼びかけているのは、ラジがインド人でヒンズー教徒、ハワードがユダヤ人でユダヤ教徒と二人がクリスチャンではないからですね。このあたりの宗教的なネタも入れてくるのが面白いところです。

 

Mrs Cooper: Oh, well that looks awful fancy, what is that?

Sheldon: It’s my idea of what DNA would look like in a silicon based life form.

Mrs Cooper: But intelligently designed by a creator, right?

silicon based life formは「シリコンでできた生命体」ということですが、これはつまりエイリアンのことですね。

シェルドンの母親が言うa creatorはエイリアンの創造者ということですが、the Creator=創造主(神)とも掛けているのでしょう。

 

Sheldon: What do you want, mom?

Mrs Cooper: You know how your daddy used to say that you can only fish for so long before you got to throw a stick of dynamite in the water?

Sheldon: Yeah.

Mrs Cooper: Well, I’m done fishing. (Throwing a pair of trousers on the bed) You put those on.

シェルドンの父親が言っていたという、魚釣りができるのはダイナマイトを水の中に投げ込むまでの間だけだ、というのは、きちんとした作法は極端な方法を取るまでの間しかできないことの例えです(格言などではありません)。

そしてI'm done fishing、「魚釣りの時間は終わり」というのは、シェルドンに優しく呼びかけるアプローチを止めて、ダイナマイトを投げ込む、つまり謝罪に行くよう直接的に命じるアプローチにするということです。

 

Sheldon: No.

Mrs Cooper: I’m sorry, did I start that sentence with the words “if it please your highness?”

"if it please your highness?"のyour highnessは「殿下」の意味です。シェルドンの母親のセリフは、「悪いけど私は「殿下がよろしければ」という言葉でさっきの話を始めたかしら?」となり、要するにNoはないわよ、ということになります。

 

Mrs Cooper: Problem solved.

Leonard: Really? That’s impressive.

Mrs Cooper: Leonard, the Lord never gives us more than we can handle. Thankfully he blessed me with two other children who are dumb as soup.

dumb as soupのdumbは口語で「のろまな、ばかな」の意味で、dumb as soupは直訳するとスープのようにばかな、となりますがここは要するにとても頭が悪い、ということです。「ありがたくも主の祝福で私はあと二人の子供を授かったわ、二人ともとてもおバカだけど」というような意味になり、シェルドンは3人兄弟であることがわかります。双子の妹は先のエピソードで出てきますが、もう一人(兄のようです)は登場していません。

 

Leonard: Hey, how did it go?

Sheldon: I got my job back.

Leonard: Really? What happened?

Sheldon: I’m not quite sure. It involves a part of the human experience that has always eluded me.

Leonard: That narrows it down.

レナードの「どうなったんだ?」という質問に対して、シェルドンは「僕がいつも理解できない人間の経験が関係しているんだ」と答えます。それにレナードはthat narrows it downと返していますが、narrow downで「(選択肢を)絞り込む」という意味があります。もちろんシェルドンの答えで何が起こったのか絞れるはずはないので皮肉の意味で使っていると思われます。

 

以上、シーズン1エピソード4の解説でした。

 

 

ビッグバンセオリー シーズン1エピソード4の解説(その3)

Leonard: Fish nightlights.

Sheldon: It’s a billion dollar idea. Shhhhh!

Leonard: Mum’s the word. Sheldon, are you sure you don’t want to just apologise to Gablehauser and get your job back.

蛍光魚?について話すシェルドン。レナードのMum's the wordは「内緒だよ」という意味で、ここのmumはママ(momとも書きます)ではなくsilentと同じ意味です。

 

Leonard: Really, when was the last time you left the house.

Sheldon: I went to the market with Penny.

Leonard: That was three weeks ago.

Sheldon: Well then buckle up, in the next four to eight days she’s going to get very crabby.

シェルドンを心配してシェルドンの母親を呼んだレナード。シェルドンのbuckle upはシートベルトを締めるという意味ですが、ここでは「気を付けろよ」という意味になります。crabbyは、crabにカニの他に気難しい人という意味があり、そこから「気難しい、ご機嫌ななめ」という意味になります。「4日後から8日後までペニーは機嫌が悪いぞ」というのは、これより前にあった話からペニーの生理が近いということですね。

 

Leonard: Sheldon? Your mum made dinner.

Sheldon (off): I’m not hungry.

Mrs Cooper: Oh, Leonard, don’t trouble yourself, he’s stubborn. He may stay in there ‘til the Rapture.

Penny: Are we so sure that’s a bad thing?

Mrs Cooper: I’ll tell ya, I love the boy to death, but he has been difficult since he fell out of me at the K-Mart.

シェルドンの母親のセリフにあるRaptureとはキリスト教の用語で「携挙」と訳され、真のクリスチャンが空中で主と会うという人類の終末期の出来事を指すようです。

なお頭文字が小文字のraptureは「歓喜」という意味になります。

since he fell out of me at the K-MartのK-Martはアメリカの大手ディスカウントストアで、「Kマートで私から落ちて以来」となります。抱っこされていた時に落ちたとかそのような感じでしょうか。

 

Howard: Excuse me for being so bold, but I now see where Sheldon gets his smouldering good looks.

Mrs Cooper: Oh, honey that ain’t going to work, but you keep trying. (To Raj) I made chicken, I hope that isn’t one of the animals that you people think is magic? You know, we have an Indian gentleman at our church, a Dr Patel, it’s a beautiful story, the lord spoke to him, and moved him to give us all 20% off on lasic, you know, those that needed it.

ハワードのセリフでsmoulderingは通常smolderと表記され、「くすぶる、燻る」という意味になります。smokeと関連する語です。smouldering good looksでのsmoulderingはここでは見る人が火にあぶられるような、ということで「セクシーな」という意味です。お母さんと似ているからシェルドンは男前なんですね、とおべっかを言っているわけです。それに対してシェルドンの母親はthat ain't going to work、「何も効果はないわよ」と返しています。

インド人のくだりは、教会にいつも集まる人々にインド人のパテル医師がおり、主が彼に話しかけたおかげで彼は私たちに20%引でレーシック手術をしてくれることになった、ということですが、いまいち面白さが分かりません。

 

Mrs Cooper: Oh, all the time, I remember one summer when he was thirteen, he built a small nuclear reactor in the shed and told everybody he was going to provide free electricity for the whole town, well the only problem was he had no, whatchacall, fissionable materials. Anyway, when he went on the internets to get some, a man from the government came by and sat him down real gentle and told him it’s against the law to have yellow cake uranium in a shed.

 

whatchacallはwhat you callを縮めた発音の通り書いたもの。

 

Penny: What happened?

Mrs Cooper: Well, the poor boy had a fit, locked himself in his room and built a sonic death ray.

had a fitは口語で「腹を立てた」の意味になります。

 

 

続きます。

 

ビッグバンセオリー シーズン1エピソード4の解説(その2)

Sheldon: I finally have the time to test my hypothesis, about the separation of the water molecules from the egg proteins, and its impact vis-a-vis taste.

vis-a-visはface to faceのフランス語であり、副詞で「向かい合って」、前置詞で「~と向かい合って、~に関して」の意味です。ここでは「~に関して」となります。

 

Penny (popping her head round): Hi, hey. I’m running out to the market, do you guys need anything?

Sheldon: Oh, well this would be one of those circumstances that people unfamiliar with the law of large numbers would call a coincidence. 

シェルドンが卵を必要としていた時にちょうどスーパーマーケットへ行くと声をかけるペニー。シェルドンの言うlaw of large numbersは確率論で大数の法則と呼ばれるもので、事象の回数を増やすとその確率は数学に基づく理論的確率に近づくというものです。例えば、コインを投げる回数を増やせば増やすほど、表(又は裏)の出る確率は理論的確率である2分の1に近づきます。

さて、シェルドンは「これは大数の法則を知らない人が偶然と呼ぶ状況の一つだ」と言っています。シェルドンが卵を欲しいと思ったときにペニーが声をかける確率はゼロではないので、シェルドンが卵を焼く回数が増えればそれが実現する可能性は高まります。つまりペニーが声をかけてきたのは偶然ではなく確率的に説明できる出来事だ、ということを言いたいわけですね。

 

Sheldon: I’m taking a sabbatical, because I won’t kow-tow to mediocre minds.

Penny: So you got canned, huh?

Sheldon: Theoretical physicists do not get canned. But yeah.

sabbaticalはsabbath「安息日」から、またsabbathはSaturdayから来ています。研究のための長期休暇のことです。シェルドンは首になったことを言いたくないのでsabbaticalを取っていると言っているわけですね。

kow-towは中国語の叩頭から来ています。叩頭は字の通り頭を地面につけて平伏する中国の礼で、「ぺこぺこする、へつらう」の意味です。mediocreはmiddleと同じ由来で「並の、二流の」の意味となります。

ペニーの台詞中、get cannedは「首になる」と言う口語です。

 

Sheldon: Fine. We’re travelling forward at, good Lord, 51 miles an hour. Now let’s assume that your brakes are new and the callipers are aligned, still, by the time we come to a stop, we’ll be occupying the same space as that Buick in front of us, an impossibility that nature will quickly resolve into death, mutilation and… oh look, they built a new put-put course. 

車のスピードを落とすようペニーに頼むシェルドン。

an impossibility that nature will quickly resolve into death, mutilation and...の部分について。mutilationは「(手足などの)切断」の意味で、キャトルミューティレーション(アメリカで牛が切断され血を抜かれていたとして騒がれ、宇宙人の仕業などと言われました)という言葉をご存知の方もいると思います。

この部分は、直前のセリフの「車が停止するまでに、僕たちは前にいるビューイックと同じ空間を占めることになる」に続けて、「自然が即座に死と切断に変り果てるという不可能性が・・・」という意味になりますが、・・・の部分は、例えば「(不可能性が)現実になる」とかそういう風に続けたかったのではと思われます。

put-put courseは「パターゴルフのコース」のことです。put-put golfで「パターゴルフ」です。

 

Penny: Uh, no, no not really. Listen, didn’t you say you needed some eggs.

Sheldon: Uh, yes, but anyone who knows anything about the dynamics of bacterial growth knows to pick up their refrigerated foods on the way out of the supermarket.

Penny: Oh, okay, well maybe you should start heading on out then.

スーパーマーケットでのシェルトンとペニー。

シェルドンの「バクテリアの成長の早さを知っている人は皆、冷蔵されている食品はスーパーからの帰り際に手に取ることを知っているんだよ」というセリフに対してペニーは「オーケー、だったら今からそこに向かうべきね」と返しています。もう帰り際だ、ということですね。早くも帰りたくなったことを上手く伝えています。

 

Penny: What now?

Sheldon: Well, there’s some value to taking a multivitamin, but the human body can only absorb so much, what you’re buying here are the ingredients for very expensive urine.

Penny: Well, maybe that’s what I was going for.

Sheldon: Well then you’ll want some manganese.

シェルドンは「人体は一定の量しかビタミンを吸収できない、君がここで買っているものは非常に高価な尿の原料だ」と言い、ペニーは「多分それが私の目指すものよ」と言っています。

これに対してシェルドンはマンガンを探し始めますが、これはマンガンは通常の食事で不足することはないとされていることから、ペニーのセリフを文字通り受け取ったシェルドンが高価な尿の原料としてマンガンがふさわしいと考えたからだと思われます。

 

続きます。

 

 

ビッグバンセオリー シーズン1エピソード4の解説(その1)

ビッグバンセオリーのシーズン1エピソード4の解説です。

例によって難しい単語などよりは、単語はわかっても言っている意味のわかりにくいところを中心に解説していきます。

Sheldon: I’ve been thinking about time travel again.

Leonard: Why, did you hit a roadblock with invisibility?

Sheldon: Put it on the back burner. Anyway, it occurs to me, if I ever did perfect a time machine, I’d just go into the past and give it to myself, thus eliminating the need for me to invent it in the first place.

レナードのセリフ、did you hit a road block with invisibility?の部分がわかりにくいですね。roadblockは道路の通行止めやバリケードといった意味ですが、hit a road blockで通行止めにぶつかる、つまり「行き詰る」という熟語になります。

invisibilityは「見えないこと、不可視性」という意味ですが、ここでは透明人間になることを指しています。

レナードはシェルドンのタイムトラベルの話を聞いて、「透明人間になる考えは行き詰ったの?」と、以前に取り組んでいたことを聞いているわけですね。

それに対するシェルドンのput it on the back burnerも熟語で、「そのことは後回しにしよう」という意味です。back burnerはコンロの後ろのバーナーのことで、火力は手前のバーナーほど強くないためにこうした意味になるそうです。

 

Leonard: Sounds like a breakthrough, should I call the science magazines and tell them to hold the front cover? (Exiting the apartment.)

Sheldon: It’s time travel, Leonard, I will have already done that.

Leonard: Then I guess congratulations are in order.

Sheldon: No, congratulations will have been in order. You know, I’m not going to enjoy this party.

シェルドンのI will have already done that.という台詞は、未来の時点で話題にしている行為(サイエンスマガジンの表紙を飾るよう電話すること)は終わっているので未来完了になっています。

レナードのcongratulations are in orderは、in orderが「順番に、適切に」という意味なので、「じゃあおめでとうだね」ということですが、シェルドンは未来の時点の話をしているということで未来完了形に言い直しています。

 

Sheldon: How’s this? Pleased to meet you, Dr Gablehouser. How fortunate for you that the University has chosen to hire you, despite the fact that you’ve done no original research in 25 years, and instead have written a series of popular books that reduce the great concepts of science to a series of anecdotes, each one dumbed down to accommodate the duration of an average bowel movement. Mahalo.

dumbed down to accommodate the duration of an average bowel movementは、dumbed donwで「専門用語を避けて簡単な用語で物事を伝える」、bowel movementで「便通」の意味なので、「平均的な便通の時間で読めるくらいに簡単にまとめられた」ということになります。

Mahaloはハワイ語でthank youの意味であり、もちろんシェルドンは皮肉の意味で使っています。

 

Raj: Oh, God, Look at this buffet. I love America.

Leonard: You don’t have buffets in India?

Raj: Of course, but it’s all Indian food. You can’t find a bagel in Mumbai to save your life. Schmear me.

ラジのOf courseはOf course (we have buffets in India)で、もちろんインドにもバフェ(食べ放題)はあるよ、と言っています。to save your lifeの部分は口語で、can't、couldn'tなどと結びついてnot at allの意味になります。

 

続きます。