Miscログ

雑記ブログです。

ボルドー格付け1級シャトーのブドウも使われている3,000円前後で飲めるワイン

メドック地区以外の唯一の5大シャトー、シャトー・オー・ブリオン

ボルドー格付け1級のシャトーは5つあり、いわゆる5大シャトーと呼ばれます。

ここでボルドー格付けと言っていますが、正確にはボルドー地方のメドック地区における格付けのことを指します。

そしてこのボルドー格付けにおいて、メドック地区以外から唯一、1級に格付けされていることで知られているのがこのシャトー・オー・ブリオンです。

シャトー・オー・ブリオンはグラーヴ地区にあるシャトーで、グラーヴ地区の格付けでも選出されています(メドック地区は1級から5級までありますが、グラーヴ地区の格付けにはこうした分類はありません)。

 

リーズナブルなシャトー・オー・ブリオンのセカンドワイン

シャトー・オー・ブリオンのワインは、ファーストラベルのシャトー・オー・ブリオン、そして白ワインのシャトー・オー・ブリオン・ブラン、さらにセカンドラベルのル・クラレンス・ド・オーブリオンのラインナップがあります。

セカンドのル・クラレンス・ド・オーブリオンは1万円くらいから買うことができます。

 

1万円前後で飲むボルドー1級格付けシャトーのワイン

ボルドー格付け1級シャトーの筆頭であるシャトー・ラフィット・ロートシルトを経営するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトや、同じくボルドー格付け1級シャトーであるシャトー・ムートン・ロートシルトを経営するバロン・フィリップ・ド・ロートシルトは、それぞれ外部からブドウを買い付けてワインを製造するネゴシアンとして、非常に安価なワインを製造・販売しています。

またやはり同じボルドー格付け1級のシャトー・オー・ブリオンを経営するクラレンス・ディロン・ワインズも、同社の所有するブドウを使い安価なワインを製造・販売しています。

 

とはいえそれらのワインはやはりボルドー格付け1級シャトーが直接生産したものではありません。

ボルドー格付け1級シャトーの名を冠したファーストラベルのワインは数万円からでなければ買えませんし、セカンドラベルでも3~4万円はするものがざらにあります(中には2万円弱から買えるものもあります)。

 

ということで、シャトーによってはさらに安価なサードワインを製造しており、こちらは1万円前後から購入できます。

 

シャトー・ラトゥールの「ポイヤック・ド・ラトゥール」

シャトー・ラトゥールはフランスのポイヤック村にあるシャトーで、ファーストラベルとしてシャトー・ラトゥールを、セカンドラベルとして「レ・フォール・ド・ラトゥール」を製造しています。

ちなみにラトゥール(Latour)はtower、つまり塔で、フォール(Fort)は要塞を意味しています(フランス語では末尾のtは発音しません)。

そしてサードラベルがこの「ポイヤック・ド・ラトゥール」であり、現在の価格は1万円強というところでしょうか。

 

シャトー・マルゴーの「マルゴー・デュ・シャトー・マルゴー

シャトー・ラフィット・ロートシルトのワインと通販での購入

f:id:yokohamasnob:20170730093111p:plain

 

ボルドーで第1級と格付けされているワインの生産者は5つあり、5大シャトーとして日本でも良く知られています。

その筆頭に挙げられるのがシャトー・ラフィット・ロートシルトです。

 

ファーストラベル「シャトー・ラフィット・ロートシルト

ファーストラベルのワインは、ボルドーでは全て同様ですがシャトー名と同じシャトー・ラフィット・ロートシルトです。わかりやすいですね。

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】[2014] シャトー ラフィット ロートシルト 750ml(ポイヤ...
価格:66744円(税込、送料無料) (2017/7/30時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[1989] シャトー・ラフィット・ロートシルト Ch. Lafite Roth...
価格:138240円(税込、送料無料) (2017/7/30時点)

 

価格は安くても6万円前後、評価の高いものは10万円を超えますし、ビンテージではさらに高額なものも珍しくありません。

 

セカンドラベル「カリュアド・ド・ラフィット」

セカンドラベルはカリュアド・ド・ラフィットという銘柄になり、こちらは2万円前後から購入できます。

ファーストラベルと同じブドウ(ただし樹齢の若いものなど)が使用されており、品質はお墨付きです。

 

 

 

 

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトのワイン

さて、シャトー・ラフィット・ロートシルトは自ら畑を持ち、ブドウの栽培から醸造までワインの生産の全てを行っていますが、その経営母体はドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトという会社です。

このドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトメドック格付け4級のシャトー・デュアール・ミロンなどを経営しており、また外部からブドウを買い付けてリーズナブルなワインを製造してもいます。

このバロン・ド・ロートシルトが製造しているリーズナブルなワインの一つが「レゼルヴ」シリーズで、 赤と白があります。

 

 

 

 

 

 

コンビニでも見かけるドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトのワイン

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトはフランス以外にもチリなどにワイナリーを所有しており、コンビニでも結構見かけます。

やはり値段は1,000~2,000円台とリーズナブルなので、色々なワインがあって迷うときはとりあえずバロン・ド・ロートシルトのワインを試してみるのも面白いと思います。

 

 

 

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトとシャトー・ラフィット・ロートシルトのワインは全く別物!

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトのワインがあたかもシャトー・ラフィット・ロートシルトのワインであるかのように錯覚させる宣伝を行っている業者も見受けられますが、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトはあくまでシャトー・ラフィット・ロートシルトの経営母体であり、別の組織です。

シャトー・ラフィット・ロートシルトのワイン作りのノウハウは活かされていると思いますが、この点はしっかり理解しておく必要がありますね。

 

通販はやはり楽天で選ぶのが楽しい

楽天では様々なリカーショップが独自に商品を紹介しているので、商品説明を見るだけでも勉強になります。

Amazonではこの点が弱いですね。

また楽天ではポイントも付きますので、いつもワインを買うという方はやはり楽天がおすすめです。 

 

 

 

 

プリンターの互換インクカートリッジは使って大丈夫?

経験から言えば大丈夫です。

 

経験上、たまーに使う(年賀状の宛名くらい)レベルですと、久しぶりに印刷しようとしたときには繰り返しクリーニングをしなければかすれてまともに印刷できないということも起こりました。

ただそのような方は純正インクカートリッジを入れておけば問題ないと思います(笑)。

 

最近は子供用に印刷をすることが多く、インクカートリッジも多く消費します。

このような用途であれば印刷のクオリティにこだわる必要もないため、互換インクカートリッジで全く問題ありません。

というか印刷物を見て互換インクカートリッジかどうかを当てられる人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

インターネットを探せば学習用プリントや、幼児用のワークブック的なものもあり、夏休みの勉強用素材として重宝します。

また塗り絵や、特にペーパークラフトは(インクカートリッジの消費を促進するためでしょうが)プリンターのメーカーなどが非常に多くの素材を無料で提供しています。

夏休みだけどあまりに暑くて外出したくない時などにこうした素材を使って家で子供と一緒に過ごすのも良いのではないでしょうか。

ちなみにペーパークラフトは大人でも十分楽しめるクオリティのものもたくさんあるのでおすすめです。

 

 

楽天でインク福袋という商品があり、送料も無料です。

福袋と言ってもちゃんとプリンター機種に合わせて商品を選べますのでご安心を。

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インク福袋 BCI-351+350/6MP IC6C80L IC6CL70L キ...
価格:2480円(税込、送料無料) (2017/7/31時点)

役に立つオンライン語源サイト「Online Etymology Dictionary」

f:id:yokohamasnob:20170730075608j:plain

 

Online Etymology Dictionary

英語のサイトなのであまり知られていませんが、英単語の成り立ちを調べるのに非常に役に立つサイトです。

Etymologyは「語源」という意味で、試しにetymologyをこのサイトで調べてみると、

late 14c., ethimolegia "facts of the origin and development of a word," from Old French etimologieethimologie (14c., Modern French étymologie), from Latin etymologia, from Greek etymologia "analysis of a word to find its true origin," properly "study of the true sense (of a word)," with -logia "study of, a speaking of" (see -logy) + etymon "true sense," neuter of etymos "true, real, actual," related to eteos "true," which perhaps is cognate with Sanskrit satyah, Gothic sunjis, Old English soð "true." 

というような結果が出てきます。

慣れるまで読みにくいのですが、ポイントは大体後ろの方にあり、etymoはラテン語でtrueを表し、logyが同じく学問を表しているということです。

単語の真実の意味を探求する学問ということですね。

 

日本の英語学習で語源というとinやdisなどの接頭辞やableなどの接尾辞を紹介されるのが定番ですが、英単語の記憶にはそれだけではなく単語の成り立ちから学習することが極めて有効です。

 

見たことのない英単語でも、分割すれば見覚えのある英単語から成り立っていたりするので、それがわかると非常に覚えやすくなります。

Online Etymology Dictionaryは、丸暗記ではないこのような覚え方をするために最適なサイトと言えます。

 

残念ながらこのサイトは英語のみですが、同様のコンセプトの辞書は発売されていますので関心のある方はチェックしてみてください。