読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miscログ

雑記ブログです。

シャトー・ラスコンブ(Chateau Lascombes)の概要と銘柄

メドック格付け2級。

マルゴー村に所在する。

日本人には覚えやすい?名称のワイナリー。

 

1971年にイギリスのビール会社であるバス・チャリングトン社に売却され、質が低下したとされている。

その後2001年にアメリカの不動産投資会社コロニー・キャピタルが買収すると、著名な醸造家を揃えて品質向上を図ったことが功を奏し、再び評価されるようになった。

ちなみにバス・チャリングトン社とは、現在のバス・ブリュワリー社のことであり、同社は日本でも良く見かけるバス・ペールエールのブランド(赤い三角マークが有名)をかつて所有していた。

同ブランドは現在はベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブが所有している。

なおアンハイザー・ブッシュバドワイザーなどで有名なアメリカのビール会社であったがベルギーのインベブに買収された。

 

シャトー・ラスコンブの銘柄は、シャトーと同名の「シャトー・ラスコンブ」、セカンドの「シュバリエ・ド・ラスコンブ」、そしてマルゴーではなくオー・メドック地区のブドウで造られる「ル・オー・メドック・ド・ラスコンブ」の3つ。

ル・オー・メドック・ド・ラスコンブはブドウ畑がファーストやセカンドと異なるので、いわゆるサードワインではないだろう。

ヴィンテージとしては、上記のとおり2001年以降のものを考えた方が良い。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー・ラスコンブ [2012] 赤 750ml
価格:9915円(税込、送料別) (2016/12/20時点)