読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miscログ

雑記ブログです。

インターネットで英文を読む際に便利なマウスオーバー辞書(Firefox・Google Chrome対象)

インターネットの英文を読んでいるときに知らない単語が出てきた場合、手元に辞書がなければ、新規タブで辞書サイトを開き、単語をコピー&ペーストして調べるのが普通だ。

しかしこの作業を短縮するものとして、マウスのカーソルを英単語に当てたり、ダブルクリックして選択状態にすることで単語の意味がポップアップで表示されるマウスオーバー辞書というものがある。

特にわからない単語が多い英文を読む際には非常に役に立つのだが、ウェブブラウザごとに使えるマウスオーバー辞書が分かれていること、どんなマウスオーバー辞書があるのかいまいちわかりにくいことから導入されていない人も多くいると思うので、参考におすすめのマウスオーバー辞書を紹介していきたい。

 

Firefox

現状では「Weblio Pane Fixed」しかほぼ選択肢がない。

Firefox拡張機能で、製作された方のブログからダウンロード可能。

http://appsweets.net/blog/2015/08/23/webliopane-fixed/

もともと他の方が作った「Weblio Pane」という拡張機能Firefoxの更新により使えなくなってしまったのを修正したとのこと。

ちなみにこの修正された方のサイト(appsweets akahuku labs.)では、あの名作シューティング「グラディウス」がブラウザで遊べる(笑)。

なおこの拡張機能の導入方法については以下のページに詳しい。

【英語学習×超便利アイテム】マウスオーバー辞書weblioPaneが戻ってきた!! | iPhoneとは、イヤホンで結ばれた仲です

 

Google Chrome

こちらはFirefoxよりも選択肢が増える。

ここでは2つほどお勧めのマウスオーバー辞書を紹介する。

chrome.google.com

シンプルなマウスオーバー辞書で、簡単な日本語訳のみが表示される。

発音も確認可能。

詳細を知りたい場合はポップアップ内のボタンをクリックすれば辞書サイトWeblioの検索結果ページに飛ぶことも出来る。

 

chrome.google.com

こちらは比較的詳細な単語の意味がブラウザ下部のボックスに表示される。

例文は出ない(上のWeblioも出ないが、辞書サイトの検索結果ページに飛べば例文も参照できる)。

 

注意点

マウスオーバー辞書は非常に便利だが、その分、英単語の意味の記憶がその場限りとなってしまい、後に残らなくなってしまうおそれがある。

知っているのにど忘れしてしまったというような場合は問題は少ないものの、未知の単語を簡単にマウスオーバー辞書で確認して読み進めていくやり方では、単語数を増やすことは難しいように思う。

覚えたほうが良いと思った単語については、やはり面倒でも個別にWeblioなどの辞書サイトで確認することをお勧めしたい。