読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miscログ

雑記ブログです。

自然な英語になっているかどうかをGoogleで確認するには

英文でビジネスメールを書いていると、はたしてこの表現で自然な英語になっているのだろうか、と心配になる方は多いと思う。自分もその一人である。

とりあえずあやしい部分をGoogleで検索してみるが、その結果、英文ビジネスメールの書き方的なサイトが表示されることが多い。

実はこうしたサイトでも平気で不自然な英語を紹介しているケースがあり、本当に自然な表現になっているかどうかわからない。

 

自然な英語になっているかどうかは、アメリカのGoogle.comでその英文を検索した結果、ネイティブの書いた英語が多くヒットするかどうかが指標になるはずだ。

しかし、普通にwww.google.comとアドレスバーに打っても強制的に日本のGoogleに飛ばされてしまう。意外とアメリカのGoogle.comで検索することは難しい。

このことについて調べた結果、「海外SEO情報ブログ」にその解決方法が掲載されていた。

www.suzukikenichi.com

もし仕組みの説明には興味がなければ、下をブラウザにブックマークしておいてください。

https://www.google.com/webhp?gl=us&hl=en&gws_rd=cr&pws=0

このURLにアクセスすれば、日本にいてもGoogle.comで英語表示で検索できます。

これで日本にいながらにして、アメリカのGoogleで検索した結果を知ることができる。

例えば、自然な表現かどうか確かめたい英文を" "でくくって完全一致検索をすれば、その表現がネイティブに使われているかどうかを(確実ではないが)確認することができるのである。

もちろんあまり長い英文では、正しい英文を書いていたとしても完全一致に引っかかる可能性が低くなるので、なるべく短い範囲で検索する必要はある。

アメリカのGoogleで検索した結果にも関わらず、日本語のサイトが上位に表示されたり、そもそも該当するサイトがなかったりすると、この表現はネイティブは使わないのだな、ということが分かる。

なお日本以外の特定の非英語圏の人が良く使う表現だったりすることもあるので、一応検索結果のアドレスは確認しておいたほうが良い。

文法は合っていても単語の使い方が不自然、ということを判断できるようになるにはよほど英語に触れていないと難しい。

と言ってビジネスメールを書くたびにネイティブにチェックしてもらうのは現実的ではない。

このため、上記のような方法でできるだけ不自然な英語を回避する工夫をしたい。